自分の高血圧の数値

みんなは、自分の血圧の数値を知ってる?若い人は、あまり気にしない 人も多いよね!でも、自分の血圧の数値を把握している事って結構大事 なんだ!

社会人なって定期的に会社で健康診断を受けたりすると、血圧が高い人 は注意を受けるでしょ!でも、みんな普段の生活に何の自覚症状が無いと それで終わってしまう人が多いんだ!特に、主婦の方などは、健康診断など を受ける機会が少ないし、ますます自分の血圧など気にしないよね。 今は、簡単に自宅で血圧が測れる測定器も市販され、家庭に血圧測定器を 持っている人も多いと思うけど、やっぱり自覚症状が何もないと結局は血圧 の数値なんて、ほったらかし。 それに家庭で測る血圧の数値と病院で測る血圧の数値は、少し違っている んだ!家でリラックスした状態や安心感の中で測る血圧の数値は、緊張して いる状態、医療機関等で測った数値より低い数値がでるんだぞ!上が140/ 下が90mmHgまでは、通常。それ以上になるとやっぱり、普段の生活や食事 内容に注意が必要になってくるんだ。

メタボリックシンドロームの予防

ほとんど自覚症状のない高血圧。でも普段から ・頭痛が多い ・めまいがす る ・鼻血がよくでる・吐き気がする ・耳鳴りがする、 などの症状が出る方は 注意してね。忙しくて不規則な生活をしている人、健康診断に行かない主婦 やお父さん、お母さんなど本人は気にしていなくても、高血圧が原因で将来、 恐ろしい脳卒中(脳梗塞、脳出血)心筋梗塞、眼底出血など・・・ 寝たきりになってしまう恐ろしい病気の危険信号だよ。

メタボリックシンドロームの予防
−寝たきりの老後を防ぐ為に−
高血圧は血管に強い圧力をかけた状態が長く続く為、管の機能が低下 しコレステロールが貯まりやすくなっているんだ。 また、心臓も高い血圧に対抗して働く為負担がかかり次第に機能が低 下。その結果心筋梗塞や脳卒中などを引き起こしちゃうのさ。
−高血圧 危険度チェック−
□忙しくて食べられない時と食べ過ぎてしまう時がある
□ついついタバコやお酒がやめられない
□野菜や果物はあまり食べず揚げ物や濃い味が好き
□運動もする機会がなくなった
□血糖値が高いといわれたことがある
□家族に高血圧の人がいる
高血圧の主な対策方法
  • ・食塩、脂質の摂取量を制限する
  • ・適正体重を維持する
  • ・禁煙・アルコール摂取量は適量にする
  • ・適度な運動を心がける
  • ・便秘解消に努めるなどがあるよ。
−飲んでも大丈夫なアルコール−
・ビール ⇒ 中ビン1本
・ワイン ⇒ グラス1.5〜2杯
・日本酒 ⇒ 1合
・焼酎 ⇒ ぐい飲み1杯
・ウイスキー/ブランデー ⇒ ダブル1杯
−マメ知識♪ 外食のコツ−
【和食】めん類の汁・ガリ・漬物・佃煮は残し、醤油・ソースは控えめに
【洋食】洋食は和食に比べて塩分は少なめ。ただカロリーや脂肪をとりすぎやすいのでご注意を
【中華】1人前の量が多く、塩分のとりすぎになるので必ず残す。スープやザーサイはダメ!
あんかけ料理は、あんにからまった調味料をとりすぎるので要注意!
−マメ知識♪ 醤油の塩分−
「うすくち醤油」は実は塩分が高いのです!こいくち醤油と、たまり醤油の塩分は15%、うすくち醤油の塩分は 16.3%です。うすくち醤油は香りや味が淡泊なのが特徴。その為、煮物などの調理に使用すると色や味が余り付 かず、使い過ぎてしまう傾向があるので注意が必要。また「減塩」と表示された醤油の塩分は8.4%。こいくちの 約半分の量。
42歳!厄年と生活習慣病

42歳、この頃から生活習慣病が体を蝕み始めるんだ。この年代は社会的にも重い責任をおい、家庭では住宅ローンや子供の教育費など経済的負担を強いられ、肉体は疲労やストレスも溜まってるぞ。 近年では医療の発展に伴って脳卒中で死亡率は年々減少してきているけど・・・

一命はとりとめてもその後寝たきりになってしまうケースが多い・・・自分自身・家族の豊かな老後はまずは高血圧の予防・改善から始まるんだ♪

みんな病院は嫌いだよね!でも、そんな理由で「自分は大丈夫」とかで定期健診を受けなかったり、面倒で行かなかったり・・・不安な人や心配な人は、この機会に1度検診だけでも受けてみて!

イーモニでは、血圧に対する食品モニターなども募集しているよ。血圧が高いだけで、病院に行くのはちょっと・・・・と思っている人 にも気軽に自分の体を知る機会を提案しているんだ。みんなもモニターに参加しながら健康を管理してみよう!

イーモニでは、高血圧予防のモニター参加者の募集を実施しています。ちょっと時間を作って、専門のドクターからお話をお聞きになりませんか。
ご参加いただいた皆さんには、負担軽減費(謝礼金)をお渡ししております。
(5,000円〜20,000円/日)
モニターに参加しながら、負担軽減費がもらえるなんて、どうですか?

まずは、登録してみませんか。

おすすめ治験情報